エンジニアリング

テクノロジー / 環境試験設備
試験装置

オールウェザーコンディショナー
(中型可変恒温恒湿装置)

商品開発から各種研究実験まで。多様な性能・耐久試験ニーズに対応。

空調・冷凍機など、広範な温湿度環境を再現する装置をプレハブ構造の試験室と一体化させた、省工事・コンパクト設計の環境試験装置。随所にダイキンの省エネ技術を採用した、省エネシステムです。

  • オールウェザーコンディショナー(中型可変恒温恒湿装置)概要図
  • 温湿度制御範囲

インバーター制御+台数制御の省エネ運転

除湿による再加熱や加湿の無駄も徹底的に抑えた省エネ制御です。

  • 消費電力比較

    消費電力比較

  • 省エネ制御

自動車環境試験装置-ブレーキ鳴き試験装置

様々な温湿度環境下でのブレーキ音の測定が可能

輸送機の車輪から制動時に生じる数kHzの音(ブレーキ鳴き)を、実際の温湿度条件を再現した状態で測定・検証できる装置です。

特徴
  • ブレーキの市場鳴き試験におけるほぼ全ての温度条件を実現。
  • 氷点下におけるこう温度域を安定的に再現可能
  • 低温での連続試験が可能なノンフロント制御システム。
  • 車輪の運転制御に連動した省エネ空調制御システム。

自動車環境試験装置-ブレーキ鳴き試験装置環境室

環境室

温度:-15~40℃DB±2℃
(-20℃可能)
湿度:30~90%RH±5%

カロリーメーター

幅広い条件設定で、空調機などの能力を高速処理で測定。

室内外の温湿度条件を個別に設定し、エアコンの冷暖房能力などを測定する装置。要求に応じて空気エンタルピー式とヒートバランス(熱平衡)式の2種類の装置をご用意できます。

特徴
  • 試験機負荷および室温に対した省エネルギーな熱源台数制御システム。
  • 高速データ処理を行える中央監視システムを採用。
  • 室外機暖房極低温条件(-7℃DB/-8℃WB)での24時間連続運転が可能な低温加湿システムを採用。

空気エンタルピー式装置

空気エンタルピー式施設概要図

PAGE
TOP