エンジニアリング

産業分野 / 食品
生産加工設備

トンネル型フリーザー

工場のレイアウトに合わせて柔軟な構成が可能な連続凍結装置。

食品を搬送するベルト幅や冷却部の自在な選定が行え、お客様工場内のスペースをはじめとした、様々な条件に合わせた多様な展開ができる連続凍結装置です。

クーラー下置型

写真は予冷部を組合せた状態です。
縦風と横風の組合せで、効率の良い連続冷却が可能。予冷部を加えることで食品熱負荷は大幅に低減できます。

  • 高さを抑えた省スペース・コンパクト設計。
  • カウンター送風方式で高率的な冷却。
  • 霜付き対策の独自クーラーで長時間の連続運転が可能。
  • ゴミが溜まりにくい床傾斜構造の庫内。
  • ベルト洗浄装置を標準装備。
クーラー下置型
クーラー上置型

ベルトライン高さを低く設定できるタイプ。断熱効果に優れた2重ケーシング構造は省エネ効果の向上も図ります。

  • 高さを抑えた省スペース・コンパクト設計。
  • カウンター送風方式で高率的な冷却。
  • 霜付き対策の独自クーラーで長時間の連続運転が可能。
  • ゴミが溜まりにくい床傾斜構造の庫内。
  • ベルト洗浄装置を標準装備。
クーラー上置型
HACCP対応型(クーラー横置)

機器内外の構造・形状を一新し、すみずみにまで洗浄性と作業品質を追求したサニタリー仕様です。

  • 機器内外にカドや継目がなく、洗い残しのない構造。
  • カウンター送風方式でムラのない高率的な冷却。
  • クーラーをベルトサイドに配した床清掃のしやすい構造。
  • 水はけが良く、ゴミも溜まりにくい床傾斜構造の庫内。
  • 霜付き対策の独自クーラーで長時間の連続運転が可能。
HACCP対応型(クーラー横置)HACCP対応型(クーラー横置)

スパイラルフリーザー/スパイラル蒸し機

独自の搬送形状で、連続加工工程をコンパクト化。

冷凍食品の製造をはじめ、食品の連続冷凍や加熱・冷却の生産工程のコンパクト化ニーズに応え、独自の発想で開発したスパイラル型搬送方式を連続加工装置に搭載。食品を搬送するベルトを螺旋状にし、横思考の製造ラインを3次元で構成。ラインの省スペース化が図れます。

標準型・一体型

ドラム、ベルト系統を多彩に組合せられるレイアウト自在タイプで、様々なラインレイアウトが展開できます。

スパイラルフリーザー/スパイラル蒸し機
2ドラム型

2基のドラムの組合せにより、入口と出口の高さを統一。加工ラインの省スペース化を図ります。

2ドラム型
スパイラル加熱機・冷却機

加熱~冷却の一連を省スペースなインラインで行え、ラインの省人化、省力化が図れます。

スパイラル加熱機・冷却機

スパイラル加熱機・冷却機

テンパリングルーム

温度・湿度・気流・時間を一括管理し、冷凍物の高鮮度解凍を自動化。

ダイキン冷凍・冷蔵・空調技術と当社の食品エンジニアリングのノウハウを結集した解凍装置。解凍時の品質を左右する温度や湿度、風速の微妙な調整を独自のコントロールで一括管理。複雑かつ繊細な解凍工程を自動化し、解凍ムラやドリップの発生を極限まで抑えた、高鮮度解凍を行います。

テンパリングルーム

  • A パネル

    断熱・遮音性に優れた40mm厚の硬質ウレタンパネルを採用。内側は耐久性が高く衛生的なステンレス製。外側は腐食や衝撃などに強いカラー鉄板を使用しました。

  • B 扉

    扉は横開きのスライド方式ですから、入庫口のスペースを取りません。

  • C コントロールボックス

    解凍運転を自動制御。品種などに合せた解凍パターンの設定も自在に行え、最大20パターンを記憶(オプション)することもできます。

  • D 吹出壁面

    吹出側の壁面は全体に小さなパンチ穴が開いており、循環空気を庫内全体にムラなく拡散させます。

  • E 台車

    ステンレス製の清潔で耐久性に優れた台車。キャスター付なので入出庫も素早く行えます。

  • F 庫内灯
  • G 超音波加湿器

    素早い立上がりで加湿できる超音波加湿器を採用。解凍状況に応じた適切な加湿を行い、解凍時間の短縮を図ります。

  • H 循環ファン

    圧力扉を採用。また、省エネ性を推進させるインバーター制御(オプション)にも対応します。

  • I 冷却クーラー

    優れた冷却能力を発揮する低温用パッケージエアコンを採用。-5℃~+8℃までの温度設定範囲で制御指令に合せて素早く庫内を冷却します。

  • J 加熱ヒーター

    解凍準備行程から高温解凍行程に素早く移行させるため、立上がりの早い電気ヒーターを採用。

  • K 吸込壁面

    吸込側の壁面はピッチの広いスリット状のになっており、循環空気を効率よく吸込みます。

吸込壁面

  • A:庫内を0℃にし、入庫時の温度差を抑える。
  • B:庫内温度、風速を高め高速高温解凍を行う。
  • C:ある程度解凍が進んだ段階で庫内温度を下げ、低温解凍へ。
  • D:解凍完了とともに、庫内温度・風速を下げ、過解凍と乾燥を防止し、肉表面締めそのまま保冷。

PAGE
TOP