トンネル型フリーザー

工場のレイアウトに合わせて柔軟な構成が可能な連続凍結装置

食品を搬送するベルト幅や冷却部の自在な選定が行え、お客様工場内のスペースをはじめとした、様々な条件に合わせた多様な展開ができる連続凍結装置です。
特徴


・カウンター送風方式で高効率な冷却が可能

・霜付き対策の独自クーラーで長時間の連続運転が可能

・ごみが溜まりにくい床傾斜構造の庫内

・蒸気殺菌対応可能

・ベルトサイズ、冷却方式等ニーズに合わせた製作が可能


width=
ウイング型
  • 特殊断熱パネル採用により、庫内蒸気殺菌が可能
  • CIP装置等機種の製作対応可能
  • CIP洗浄、蒸気殺菌がボタン一つで簡単操作
  • パネルは耐薬液仕様なので、薬液による庫内殺菌にも対応
  • 扉がフルオープンになり、点検、洗浄、メンテナンス性が向上

width=
パネル形状の効率化
  • 楕円ボディーにより食品かすを残さず洗浄可能
  • スムーズな冷気の流れとファンの配置で冷凍ムラがなく、省エネ
  • 戦場、メンテナンス性が向上

width=
クーラー下置型
  • 縦風と横風の組合せで、効率のよい連続冷却が可能
  • 予冷部を加えることで食品熱負荷は大幅に低減できます
  • 高さを抑えた省スペース・コンパクト設計となっています

height=
クーラー上置型
  • ベルトラインの高さを低く設定できるタイプ。断熱効果に優れた2重ケージング構造は、省エネ効果の向上も図ります
  • 高さを抑えた省スペース・コンパクト設計となっています

TOP