恒温恒湿空調

従来の除湿に掛かるエネルギーの消費を抑えた省エネシステム

冷却コイルで除湿も行い、再熱していた従来の除湿方式を改善。潜熱コイルと顕熱コイルに分けることで、無駄な冷却や再熱を徹底的に排除し、大幅な省エネ化を図っています。
特徴

・除湿による室温の低下にともなう無駄・不具合を軽減

・除湿に掛かる負荷と冷却に掛かる負荷が分散されエネルギーの無駄を軽減(当社比約30%軽減)

・天井から床へ気流が抜けるダウンフロー方式で、発熱体を素早く処理

・時間変動幅0.5℃/hの高精度センサーを室内に複数設置し、最適制御を行うことで分布精度を向上

・複数系統によるシステム構成で、故障時も片系統運転が可能

  • 従来方式(全熱コイルのみ)
     室内が適温であっても除湿が必要な場合は冷却が行われ 過冷却状態となり非効率
  • 潜熱・顕熱コイル分割方式
     顕熱・潜熱に分けて必要分だけを冷却するため、無駄なく適温・適湿となり効率的。



TOP