ZU:NOS

ZU:NOSとは-省エネ技術

機器内部情報の活用

諸設備機器が備える各種情報を活用し、シンプル・省設備なシステムを構築
例えば空調を適切に制御するため、汎用システムでは室内外の温度センサーなど、様々な計装機器類が必要です。ZU:NOSは空調機が内蔵している吸込温度センサーなど、設備機器が装備しているセンサー類などのデータを有効活用。余計な計装機器をなくし、システムをシンプル化。省設備化を図るとともに、設備機器とのデータ共有により、さらに精度の高い制御を可能にします。

機器内部情報の活用

独自通信ネットワーク

ダイキン独自の空調通信技術を駆使した高度で拡張性の高いネットワークを構築
当社アプライド機器をはじめ、ダイキングループが有する多彩な設備機器の大半が独自の制御通信形式DV-NETによってネットワークの構築が可能。ZU:NOSはこの独自通信ネットワークを活用することでDV-NET対応機器の機能をフルに活かした制御が可能。さらにBACnetやLONWORKSなどのオープンネットワークとのアクセスも可能なので、さらに多様な機器とのネットワーク化が容易。機器の変更、増設など拡張性にも優れたシステムです。

  • 日報
  • トレンド記録
  • 運転、温度管理
  • 異常警報
  • 異常記録
  • 電力量、デマンド
  • ガス・水道・蒸気
  • 室内温度、湿度
  • 商品温度
  • 加熱、冷却温度
  • 保管温度
  • 高温、低温警報
  • 室内温度
  • 加熱、冷却温度
  • 保管温度
  • 熱源台数制御
  • ポンプ変流量制御
  • ファン変風量制御
  • 省エネ温度調節
  • 重圧制御
  • スケジュール制御

ダイレクト接続機器

機器の運転情報・機能をフルに活かした省エネ制御が可能なダイレクト接続
ダイキングループのDIII-NET対応機器をはじめ、オープンネットワークに対応した設備機器とダイレクト接続できるZU:NOSは各設備機器の最適制御はもちろん、各機器を連動させたトータルな最適制御が行えます

ページ先頭へ